永遠平和のために/イマヌエル・カント、 池内 紀

情報が整理され、合理的に説明されると、「真相」がわかるのか。
久しく「読む訓練」をしてきた者からいうと、語られていること以上に、
語り方が真意をあらわしているものである。時の権力者、また権力にすり寄る人々の
語り口を、少し意地悪く見張っているのも悪くない。気をつける点として、つぎの三つが
あるような気がする。

 1、主題をすりかえる。

 2、どうでもいいことにこだわる。

 3、小さな私的事実を織りこむ。

 丁度(ちょうど)いい機会だ。記念年に際して、ものものしく発表される「作文」を
採点してみてはどうだろう。池内紀
池内紀

さらにもう一つ、哲学者カントの「永遠平和のために」が背骨の役目を果たしている。二二〇年前に世に出た小さな本だが、それは長い歳月を経て国際連合を生み出すもととなり、日本の憲法においては、画期的な「九条」の基本理念となった。

恥ずかしながら池内紀さんの事は何も知りません。
しかし上記の文章を読んだ時にとても理解できました。

是非読んでみたい本でアマゾンでポチ!はたして私に理解できるのかなぁ?
でも今読まないと気が収まりません。

ということで、

# by zigmund-zig | 2015-08-14 13:54 | diary | Comments(0)

NO PASARAN!

「フランコ反乱軍に対するラジオでの呼びかけ。
『ノーパサラン(やつらを通すな)』がこれ以来抵抗運動の合言葉となる。
以来、世界各国から誰に頼まれたわけでもないのに、
自発的に理想を求めて若者が義勇軍としてスペインに集まる。
今から75年前位も前の話である。」 「DAILY FREINET デイリーフレネ」より

いとしい人 泣かないで
小さな胸 ふるわせ
忍び寄る 戦争(いくさ)の影に
怯える あどけない瞳よ
この大地に 我ら誓う
新しい君たちの未来を
空を飛ぶ 小鳥たち
限りない 青い空
自由と 平和のため
我らは 闘う

※ノー パサラン
 戦争を通しはしない
 新しい時代と 君たちの祖国のため
 我ら闘う 勝利まで
 ノー ノー パサラン

75年前の圧政と比べる事は出来ませんが
心を踏みにじる政権に怒りをぶつける気持ちは変わりません。

それも、ほんとうに情けないくらい自信のない安倍に、突っ込みどころ満載の
安倍に私は怒っています!
そしてそれを利用する政権に怒っています。

先日のデモにおいても、わけのわからないバリケードに多くの市民が
迷惑を被った訳で、挑発しとるんかい!

議事堂前までに2時間もかかった方々もいるそうです。
そんなに一般市民が怖いんですか!すべてにおいて姑息です。
議事堂前に溢れる民衆を報道されたくないのか!

市民を守るのが警察でしょう!市民を迷わせ疲弊させる意味は
一体どこにあるんですか!

この安倍政権は倒せます!絶対に!

# by zigmund-zig | 2015-07-24 22:30 | diary | Comments(1)

悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作る/Hannah Arendt

今の気分は非常に不安定ですね、安倍政権になってからというか、もともと潜んでいた事が
表にじわじわと頭をもたげてきたのかな、
様々な思惑の中で、真実を探す事はかなり難しくなってきていますね。

とにかく、確実に戦争へのリスクは高まっているという事は実感できます。
私に出来るのは、これはと思うニュースをSNSを使って拡散するとか、デモに行くとか
家族で話し合う事くらいしかできていません。
今は、SEALDsの若者たちの熱気に単純に心を動かされ彼らのリズム感というか鼓動というか、
とにかく人を動かす力に強く未来を感じています。

しかし数多くの批判も浴びているようですね。
右からも左からも、やれ民青同盟がバックについているとか
日本の若者や老人、文化人がSEALDsに騙さるのが心配です。とか
これからSEALDsのような「フツーの若者」を偽装する左翼団体のことを、
「半社会主義勢力(半社)」と呼んでみてはどうだろう?等等

実際に真相は定かではないが、この批判者達は今の政権に何も感じていないのだろうか?
現に行動を起こしているのは彼らであって批判者ではない。
まったく旧態依然のデモ感覚をお持ちの方々ではないでしょうか?
自発的に集まった人達に対しても、やれ動員されているとかお金をもらっているとか
もううんざりですね!

先日もSEALDsの動画をアップして応援コメントを載せただけで、批判されました。
ネトウヨまがいの批判をされると、反論する気持ちも失せてしまいブロックしましたよ!
じゃぁ君たちは今起こっている事象に対して何らかの行動を起こしているのかいって
言いたくもなります。
SEALDs主催のデモにこっそり参加して
重箱の済みを突っつくようなまねは止めてほしいな。

パソコンの中だけで生きている諸君!表に出て来てちゃんと空気を吸ってみろよ!

# by zigmund-zig | 2015-07-19 17:25 | diary | Comments(0)

「あべとしゆき」

思い出が多すぎて、何を書いていいのかわかりません。

「あべとしゆき」と書いたのには理由があります。
Tulipに在籍中メンバーの呼び方はフルネームでした。
それは私が入る前からの習慣でした。
さん付けよりも親近感が持てる呼び方です。

そして常に「あべとしゆき」は彼の中の「あべとしゆき」像を
いつも完璧に演じていたかったんじゃないでしょうか?
とても早すぎる別れですが「あべとしゆき」は最高の笑顔でいると思います。

インドで会いたかったなぁ!
「あべとしゆき」「ひめのたつや」私にとって掛け替えのない友人です。
その一人を失ってとても悲しいです。

a0146773_01004427.jpeg


# by zigmund-zig | 2014-09-10 01:15 | diary | Comments(0)

Where Have All The Flowers Gone ..

最近のTwitterを見ていると、あきらかに世代交代をしているよう感じます。

集団的自衛権の閣議決定を受けて10代20代の若者達の発言がストレートで

面白い!たとえば

安倍シネ 安倍シネ 安倍シネ


私もロリィタ着て戦争反対デモに出たい。阿部さん嫌い。


おい20歳のみんな。選挙いけよ。党選べよ。

明日集団的自衛権のなんかあるらしーぞ。あべ。イラクいけやあべ。止めて来いやあべ。あべぶす。ぶす。


デモみたいなのやりたい。

戦争になるなら。よくわかんないけど戦争とかやだ死にたくないし

やるなら阿部ってやつがひとりで爆弾体に貼り付けて勝手にぶっとんでってかんじ

よくわかをないけど


今日は行けない予定でしたが何も知らないだろう

近所の小学生の笑顔見たら行かなきゃと思った。


明日の公民の授業の話題決定だよなこりゃ


等等もっと知りたい方は

デモに参加した〜い!


明らかに彼らにとって切実な問題になっているってことですよ!

安倍のお陰です!

しかし、とんでもない敵を作ってしまった安倍くん理解してるかな?


という事とは別に一般的には格差が広がり韓国人や中国人に対する

差別的発言を大っぴらに発する人達も増えて来ているのも事実でしょう。


先日、私の音楽仲間だった人のFB上の発言にあきれ果てて

何度か短い議論をしたのですが、彼の右翼的思想を持った方に

乱入され議論じゃなくなったりと身近でいろいろな事が起こっています。


さて今回の官邸前デモに2回参加してみて思ったのは旧態依然とした

団体名の書かれた旗や支持政党ごとに集まって行うデモと今回の

主催者であるTOKYO DEMOCRACY CREWの意図するデモの

違いがおもしろかったですね。


TOKYO DEMOCRACY CREWの目指すデモは誰でも気軽に

自分の意見が言える、学生や会社員、主婦、おじいちゃん、

おばあちゃん達が安心して集まる事のできるデモなんですね。


乳母車を押しながら参加しているお母さんもいました。

ほんとうの意味での平和デモなんです。

そこに若い世代がこれなら私たちも参加できると思ったんですね!

すばらしい!


さぁ!安倍の進めようとしている政策をどこまで食い止められるかは

我々国民にかかっていると思うんです。


60年安保闘争を見ると凄まじ数の学生達がデモに参加して血を流しています。

そこまでしないと政治は変わらないとは思いませんが、もっと違った形で

平和的に変える事はできないものなのでしょうか?


どうせデモなんてしても何も変わらないよって思ってる人も多いと思います。

しかしこれが一般市民で官邸前を50万人100万人の人達が埋め尽くしたら

どうでしょうか?

何かが変わると思います、想像もできない事が起こりそうじゃないですか?


60年安保闘争を見て来た諸先輩方にとっては絵空事に思えるのかもしれません。

何人もの犠牲の上に行われた抗議集会を否定しようとは思っていはいません。


しかし時代が変わって平和にならされた我々にとって最善な意思表示は平和デモ

なんじゃないでしょうか?もしくはサウンドデモ?



# by zigmund-zig | 2014-07-03 10:43 | diary | Comments(0)